MENU

コンブチャを家庭で簡単に?作り方は?

コンブチャ

 

海外のセレブに人気の健康飲料として注目されているのがコンブチャです。

 

コンブチャとは昆布茶ではなく、モンゴルが発祥の地である紅茶キノコのことをいいます。紅茶キノコとは紅茶あるいは緑茶に砂糖を加えて、そこに菌を入れることで発酵させた飲み物になります。

 

この菌がマッシュルームに似ていることから日本では紅茶キノコと呼ばれています。

 

発酵飲料のため様々な栄養素を含んでおり、美容や健康に対しての効果を期待することができます。

 

コンブチャのメリットって?

具体的な成分としては、まず発酵飲料であるため乳酸菌が挙げられます。食べる時や唱歌などの生体活動に必要な酵素も豊富に含まれており、乳酸菌の働きを助ける成分としてポリフェノールがあることから抗酸化作用が期待できます。

 

その他、ミネラルやビタミン、アミノ酸なども含まれていることから相乗効果を得られます。

 

コンブチャを家庭で作る方法

そんなコンブチャは市販されている以外にも、自分で作ることができます。

 

家庭で作ることによっていつでも飲むことができ、自分の好きなフレーバーを使うことで美味しく飲めるようになります。

 

作るためには必要なものを準備します。コンブチャにはプラスチックを分解する成分があるため分解せず安全に飲めるようにガラスでできたジャーを用意します。1/2か1/4ガロンなどがオススメのサイズです。

 

酵母を準備

次に酵母が必要ですが、市販されている酵母を購入するか、市販のコンブチャを使って酵母を作る場合には未加工の味の付いていないものを選んでいきます。

 

酵母が用意できたらカフェインの入っている緑茶や紅茶をティーパックを用意しますが、保存料などを使っていないオーガニックのものがオススメです。

 

酵母の餌となる砂糖、蓋になるキッチンペーパーとそれを抑える輪ゴムが必要となります。

 

用意したジャーなどは熱湯消毒をして殺菌していきます。

 

コンブチャを実際に作る方法

作り方としては、まず1リットルのお湯を沸かしてお茶のティーパックを1?2個入れて濃いお茶を作ります。濃いお茶ができたら熱いうちに砂糖を入れてかなり甘めのお茶を作ります。

 

お茶が熱いうちに耐熱性のジャーに移します。お茶が十分に冷めたら酵母を入れます。熱いうちに入れると菌が死んでしまうため必ず冷ましてから入れます。

 

菌を入れたらキッチンペーパーや手ぬぐいなどの空気を通す素材をかぶせて輪ゴムで止めます。発酵には空気が必要なため密閉しないようにします。

 

この状態で1?3週間ほど室内で発酵させていきます。発酵は気温や菌の大きさ、仕込んだ量によって異なってきます。

 

時々味見をしながら、好きな味になったところで菌を取り出して、出来上がったコンブチャを別の保存容器に移して冷蔵庫で保管します。

 

飲みやすくしたいなら?

フレーバーが欲しい場合には、ジュースや果物を煮沸したガラス容器に入れて発酵したものをその中に加えてさらに1?2日程度発酵させ、味見をして味がまろやかにブレンドされたらフレーバーのついたものが完成です。

 

原液をそのまま飲んだり、水や探査水で割って飲む、ヨーグルトにかけるなど様々な形で摂取することができます。

 

コンブチャを作るのは結構手間

コンブチャを作るのは結構な手間がかかかります。そう考えると、やっぱり市販されているコンブチャ商品を飲む方が手っ取り早くて簡単ですね。

 

コンブチャクレンズを実際に飲んでみた口コミ情報

コンブチャクレンズ口コミ情報

コンブチャクレンズの効果

コンブチャクレンズの飲み方

コンブチャクレンズお得情報

このページの先頭へ