MENU

コンブチャクレンズのハイビスカスエキスの効果って?

ハイビスカス

「南国の花」というイメージが強いハイビスカスは、実はハーブの一種。他のハーブと一緒にブレンドしたものをお茶にして飲んだり、抽出したエキスをサプリメントや化粧品などに配合することが多い植物となっています。では、具体的な効果としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずハイビスカスに含まれている栄養素を見ると、1番特徴的なのはクエン酸・リンゴ酸・ハイビスカス酸といった酸性物質が多く含まれていることです。これらの成分が多く含まれているために、お茶にしたときに酸味が感じられてしまうのですが、この酸味こそ体にとって必要不可欠なものとなっているのです。

 

では、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

ハイビスカスエキスの美肌効果

まず1つ目は、美肌効果です。人は年をとるにつれて新陳代謝が低下、肌の生まれ変わりが遅くなっていきます。すると肌のダメージが蓄積されやすくなり、シミ・しわ・乾燥といった様々な肌トラブルが発生してしまいます。

 

一方、クエン酸やリンゴ酸には、細胞の新陳代謝を促進する効果が期待できます。これらの成分が肌の細胞を活性化、新陳代謝を促進することで肌が生まれ変わる速度が速くなっていきます。すると肌トラブルの改善にもつなげていくことができるようになります。

 

また、肌の老化の原因には活性酸素による攻撃も挙げられるのですが、この花には抗酸化作用の強いアントシアニンも豊富に含まれているため、活性酸素の攻撃も防ぐことができます。

 

ハイビスカスと良く組み合わせられるもの

なお、ハイビスカスはよく「ローズヒップ」と一緒に合わせて飲むことが多いのですが、その理由もこの美肌と関係があります。ローズヒップには抗酸化作用が強いビタミンCが豊富に含まれています。

 

また、ハイビスカス単体では酸味が強いのですが、ローズヒップとブレンドすることで酸味が弱まり、より飲みやすくなります。合わせて飲むことで、より美容効果を高めることができます。

 

ハイビスカスエキスの老廃部への効果

次に2つ目は、老廃物の排出です。むくみとは体に余分な水分や老廃物が溜まっている状態。血流の悪化などによって起こる症状です。クエン酸には血流の促進効果があり、体内に溜まった水分や老廃物の循環を良くすることができます。また、利尿作用のあるカリウムも豊富に含まれているため、余分な水分や老廃物を尿と一緒に流すことができるのです。

 

ハイビスカスエキスの血液への効果

そして3つ目が、血液状態の改善です。クエン酸やリンゴ酸は細胞の新陳代謝を促進する働きがあることは先ほど記述しましたが、細胞の働きが活性化されると、その分必要とするエネルギーも多くなります。

 

するとより必要なエネルギーを得るために脂肪を燃焼するようになります。またこの花独自の栄養素、ハイビスカス酸には、消化酵素の一つであるアミラーゼの働きを阻害する働きがあります。アミラーゼとはデンプンなどの栄養素を糖質に変える消化酵素。

 

糖質は脳にとって必要な栄養素なのですが、多すぎるとコレステロールの原因となります。アミラーゼの働きが抑えられることで、コレステロール値を下げることにもつながります。

 

コンブチャクレンズにはハイビスカスエキスも配合

ハイビスカスエキスにはいろいろな美容・ダイエット効果が期待できることが分かりましたね。コンブチャクレンズにはハイビスカスエキスも含まれているので、心強いです。

 

コンブチャクレンズを実際に飲んでみた口コミ情報

コンブチャクレンズ口コミ情報

コンブチャクレンズの効果

コンブチャクレンズの飲み方

コンブチャクレンズお得情報

このページの先頭へ