MENU

コンブチャクレンズでファスティングダイエット!どうやるの?

コンブチャクレンズのファスティングダイエット

 

コンブチャクレンズを使って痩せたいな、と考えているとき、その一つの方法にファスティングダイエットを思い浮かべませんか?

 

じゃあ、コンブチャクレンズでファスティングダイエットを行うには、どうやったらいいのか?

 

ファスティングダイエットって?

ファスティングダイエットとは断食を行って体内をきれいにして痩せようというダイエット方法です。

 

  • 断食で体を空っぽにする
  • 普段溜まっていた毒素や老廃物が外に出る
  • 代謝が良くなったりして痩せやすくなる

 

ざっくりいえば、こんな感じですね。普段は、私たちの体の中には、食べ物が溜まっていたり、お腹の中に便が溜まっていたりしますよね?

 

断食すると新しく体の中に食料は入ってこないので、今あるものをガッツリと外に排出してくれるわけです。普段は食べ物の消化にかなりのエネルギーを使われている体も、断食をすると消化にエネルギーを使わなくてよいので、腎機能とかがいい感じに働いて、普段よりも老廃物とか毒素を抜きやすくなる、なんて考えられていますね。

 

ファスティングダイエットの方法

じゃあ、具体的にどんな方法で行えばよいのでしょうか?

 

  • 準備期間を設ける
  • 断食を行う(コンブチャクレンズを飲む)
  • 回復期間を設ける

 

ファスティングダイエットの方法は、こんな3段階の方法で行います。ファスティングダイエットは断食を行えばいいというわけではなくて、準備と回復の期間も必要になってくるんですよ。

 

あとは、断食中といっても、何も食べないわけじゃなくて、コンブチャクレンズをガッツリ飲んでいきます。

 

準備期間にすることは?

断食を行う前の期間です。どんなことをするかといえば、断食をするための慣らし期間と考えると分かりやすいですね。要は運動前の準備体操みたいなものです。

 

  • 普段よりも食事量を減らす
  • 夜遅い時間にご飯を食べない
  • できるだけ野菜や果実を多めにとる

 

注意したいのはこんなところです。普段の食事量よりも少なめの食事量を意識して、断食を行い始めても、体がついていけるようにしてあげます。

 

また、できれば脂っこい食事をとるのではなく、野菜や果実をたくさんとって、消化に優しい食事にしてください。断食の目的は、消化器官を休ませてあげることでもあるので、断食前も消化器官の働きをできるだけ抑えてあげましょう。

 

断食中にすること

断食中にすることはコンブチャクレンズを飲みまくること・・・なのですが、それだけでは不十分です。実は他にもやるべきことがあるんですよ。

 

  • コンブチャクレンズを3食の代わりに飲む
  • 水を1日2?程度を目安に飲む
  • 塩分補給を多少行う

 

コンブチャクレンズは3食の代わりに飲みましょう。むしろ3食で足りないのであれば、お腹がすく前に飲んでしまうのもよい方法です。お腹が減って何か食べるくらいなら、コンブチャクレンズを飲んでごまかしてあげると、続けやすいですね。

 

あとは、コンブチャクレンズ以外にも水を2?程度飲んでください。水分をたくさん飲むことで、体内のデトックス促進につながって、ファスティングダイエットの効果が倍増します。

 

さらに塩分も補給した方が安全です。コンブチャクレンズだけだと塩分が補給できないので、塩やみそなどを少しだけなめて、塩分補給してあげると、断食の危険性が減少します。

 

カフェイン入りの飲み物はNG

 

水分をたくさんとればOKといわれると、お茶とかコーヒーを飲みたくなるかもしれませんね。ただ、残念ながらカフェイン入りの飲み物は断食中に取ると体調を崩す原因になるので、控えておきましょう。

 

回復期間

断食後の回復期間です。リハビリ期間と思うとしっくりきますね。断食を行う時よりもある意味重要といわれている期間なので、慎重に行いましょう。

 

  • お粥や重湯などのお腹に優しい食事をとる
  • 断食後から徐々に固形物の量を増やしていき慣らしていく

 

断食後はしばらく消化を行っていなかった消化器官たちの復帰戦です。いきなり消化に悪いものを食べると、消化不良を起こしてしまいます。また、カラダの中がすっきり綺麗になった状態なので、太りやすい栄養も吸収しやすい状態になっています。

 

断食から解放された勢いで、好きなものを食べると、逆に太ってしまうという可能性もあるので、注意したいところですね。

 

各期間をどれくらいとればよいの?

ファスティングダイエットの準備期間・断食期間・回復期間の過ごし方はなんとなくわかってきたと思いますが、じゃあそれぞれの期間をどれくらいとればよいのでしょうか。

 

基本原則:断食期間=準備期間=回復期間

 

です。

 

断食を1日するなら準備期間は1日・回復期間は1日でOKですが、可能ならもっと長めにとってもよいでしょう。というか、長めにとった方が効果的なので、あくまでも最低限・・・と思っておくとよいと思います。

 

コンブチャクレンズでのファスティングダイエットの注意点

コンブチャクレンズでファスティングダイエットを行うことで、痩せることはできると思いますが、普通の生活をしていたら元に戻ってしまいます。

 

そのため、コンブチャクレンズでファスティングダイエットを行っても、気を抜かずに引き続き置き換えダイエットをしたり、定期的にファスティングダイエットを繰り返し行いましょう。

 

繰り返し行うことで、体の体質が変わってくるので、継続が重要です。ファスティングダイエットに限らず、ですけどね。

 

コンブチャクレンズの詳細を確認してみる

コンブチャクレンズ口コミ情報

コンブチャクレンズの効果

コンブチャクレンズの飲み方

コンブチャクレンズお得情報

このページの先頭へ