MENU

コンブチャクレンズに含まれるマキベリーの効果とは?

マキベリー

 

マキベリーとは、ホルトノキ科の植物で、チリのパタゴニア地方で古くから利用されてきたものになります。

 

チアシードやアサイーなどと同じスーパーフードとして注目されています。

 

マキベリーはポリフェノールが豊富

ブルーベリーのような色の濃い果実にはポリフェノールが豊富に含まれているとされています。

 

シミやシワ、ガンなどの原因となってしまう活性酸素を除去する抗酸化作用が高く、フルーツの中でもトップクラスだとされています。ポリフェノールはアサイーの5.4倍、ブルーベリーの14倍もあると考えられています、

 

ポリフェノールとは植物の色素や苦みになっている化合物の総称ですが、様々な種類があります。

 

アントシアニンというポリフェノールが豊富

マキベリーは特にアントシアニンというポリフェノールが豊富に含まれています。そのため炎症を抑えるこ効果や抗酸化作用によって血中のコレステロールの酸化を防いで、動脈硬化や脳卒中、心疾患などの血管に関わる症状の予防に役立ちます。

 

アントシアニンは、目に対する効果が知られています。同じアントシアニンを含むブルーベリーと同じように目の疲れに対して有効です。

 

体の酸化を防ぐことの効果

また、抗酸化作用があることによって体が酸化することが防ぐことができ、健康な血液環境を維持することだけではなく、紫外線によってできる色素沈着やシミなどの老化を抑えることもできるとされています。

 

血行が良くなる効果を期待することができることで、肌のターンオーバーを促したり、肌のくすみを改善して顔色を良くするなどの美容にも良く、鉄分も豊富に含まれていることから貧血の解消や予防にも役立ちます。

 

食事をすることで血中の糖度が上がると血糖値を下げるインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンの働きを助けて血糖値を下げる作用もあることがわかっています。血糖値は急激に上がると必要のないエネルギーを脂肪として蓄えますが、血糖値が上がらないことでエネルギーを溜め込みにくくなり痩せやすい体づくりにつながります。

 

生活習慣病の予防効果

その他、コレステロール値や中性脂肪を下げることもできるため生活習慣病の予防にもなります。

 

ポリフェノールには抗ヒスタミン作用があるため、花粉症の症状の軽減や予防にも良いとされています。

 

マキベリーの入手方法

マキベリーはチリで自生しているフルーツのため、日本で生のものを摂取するのは無理です。

 

摂取するためには、パウダータイプやコンビニでドリンクなどで販売されているため、それらから摂取していきます。

 

パウダータイプのものを、お湯を沸かしてティーバックに入れて紅茶を作り冷まして粗熱をとったら、そこにパウダーや好きな果物を入れたドリンク、ヨーグルトに混ぜたり、クリームチーズと砂糖、生クリーム、ゼラチンなどと混ぜてチーズケーキ、パンの生地に練り込む、寒天とオレンジジュース、砂糖と混ぜてゼリーにするなど様々なレシピで楽しむことができます。

 

サプリメントでも販売されているため、自分に合ったタイプの製品で毎日継続して摂取することが大切です。

 

コンブチャクレンズにはマキベリーも配合

マキベリーにはいろいろな美容・ダイエット効果が期待できることが分かりましたね。コンブチャクレンズには普通には摂取しにくいマキベリーも含まれているので非常にうれしい効果が期待できます。

 

コンブチャクレンズを実際に飲んでみた口コミ情報

コンブチャクレンズ口コミ情報

コンブチャクレンズの効果

コンブチャクレンズの飲み方

コンブチャクレンズお得情報

このページの先頭へ